今日死ぬとしたら後悔すること

仕事が忙しいのと、いくつかミスが重なったことがあり、少し疲れている。
精神的にネガティブな気持ちになっている。

最近、前田裕二さんの「メモの魔力」を読んで、寝る前にノートに思いついたことを整理している。

しかし、今日のノートの内容はひどい。

赤裸々にそのまま書くと

・会社を辞めたい
・自由になりたい
・積み上げてきたものをリセットしたい
・背負っている荷物を減らしたい
・比較されたくない
・今の仕事は向いてない
・向いている仕事ならもっと成果が出るはず
・モチベーションも維持できるはず
・違う世界が見たい
・仕事に飽きた
・自分のペースで仕事を進めたい
・我慢したくない
・通勤電車に乗りたくない
・とにかく疲れた、休みたい

このように、だいぶ疲れている

しばらく、ぼーっとしていたら、
「もし今日で人生終わりなら後悔するだろうか?」と思った。

そして、思いついた一番後悔することは

子供に会って話したかった、もっと一緒に時間を過ごしたかった

だった。

今死んだら、後悔する、絶対に。

今死んだら、自分の人生は何て中途半端なんだろう。

何も成し遂げてもいないし、自分の子供にさえ、会うことも出来ない。

自分の人生は何のために与えられたのだろうと、必ず後悔する。

反対に、

「今死んだとして、会社の仕事で後悔すること、やり残したことはあるか?」

の答えは、

まったくない、ただ生活のために仕事をしている」、だった。

だとしたら、そんな無意味な時間を過ごすのは辞めていいのではないかと思った。
生活費はどうするんだろう、養育費はどうするんだろう、と不安が出てくる。

ただ、人生は短い。今41才だから残り20年だ。

ノートに整理していて思いついた僕が人生でやりたいことは二つ

①自分と同じように悩んだり、苦しむ人のメンタルケアをすること(励ます、信じる、祈る)
②一人一人の強みを見いだし、才能を開花させ、最高の人生を送れるようサポートする

絶望の人生から最高の人生にする

そのためにコミュニティ運営をしたい

全然儲かりそうにないけど(笑)

でも、一人でも人生を好転できる人がいて、最高の人生になったと言ってくれたら、正直死ぬ時に後悔はないと思う。

今日はそんな事を考えて、眠りにつきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です