仕事を辞めたくなった私が『科学的な適職』で得た気づきと適職


2021/01/24投稿

おっさんレンタルのいっしーです
私は性格分析、適職診断などの自己分析が好きです。
 
本記事ではサイエンスライター鈴木祐さんの『科学的な適職』というベストセラーをとりあげます。

私も読んで非常に参考になりました。

自分はどんな仕事に向いているの?

と思った方、ぜひこの記事を参考にしてください。

実は私、MBTIという性格診断テストで、社会不適合者と評されるINFP型です。

「今の技術者が忙しい、きつい、自分は向いてない。。」

と感じることが増え、『科学的な適職』に救いを求めたところ、適職を見つけることができました。

本記事を読むことで

  • 科学的な適職(特に社会不適合者INFP型の適職)

  • 本書のメソッドを実践した気づき

がわかります。

『科学的な適職』は、
中田敦彦さんのYoutube大学の動画で紹介されており、メンタリストDaigoさんが推薦する本です。

ベストセラーになっている本なので、

適職を知りたい方や、就職・転職でお悩みの方は手にとってみてください

 

仕事を辞めたくなった私が『科学的な適職』で得た気づきと適職

仕事を辞めたくなった私が『科学的な適職』で得た気づき

好きな仕事をすれば、幸福になれるのは間違い

私はMBTIでINFP型(ときどきINFJ型)です。

おっさんレンタルいっしーはMBTI性格診断でINFJ型(時々INFP)

INFP型が社会不適合者と言われてしまう理由の一つは、好きなこと以外はストレスになって続かないからです。

好きなことは熱心にできますが、好きでないことを続けることがとても苦手です。

だから、私は「好きな仕事をすることが幸せにつながる」という考え方を持っていました。

しかし、そんな私は本書からカウンターパンチをお見舞いされました。

本書では、

好きな仕事をすれば、幸福になれるのは間違い

という主張が展開されます。

仕事への向き合い方で以下のようにタイプ分けします。

  1. 適合派 好きなことを仕事にするタイプ 給料が安くても満足できる仕事をしたい

  2. 割り切り派 仕事は続けるうちに好きになると考えるタイプ 楽しくなくても良い給料がほしい

一見、1の適合派のほうが仕事に熱心に見えますが、

1.の適合派は仕事に対する理想が高いので、予定外のことや逆境に弱いそうです。

嫌なことがあると
「やはりこの仕事は自分に向かないのではないか」と考えてしまい、
一つの仕事が長続きしない傾向があるとのことでした。

一方、

2.の割り切り派は、「仕事は収入を得る手段」と割り切っており、過度に期待しないため、ストレスに強く、成長もしやすいという結果が出たそうです。

割り切り派の方が、成長しやすいというのは意外な結果ですね。

短期的には1.の適合派の方が幸福度は高いが、
1~5年など長期で見ると、割り切り派の方が幸福度は高い傾向があるそうです。

私はこれを読んで
仕事だけでなく、結婚生活やパートナー選びにも当てはまるかもしれないと思いました。

理想が高いと、そうでなくなった時、ギャップが大きくなるからです。

人の性格には攻撃型と防御型がある

本書の中で『促進予防焦点尺度』は、適職を探すのに唯一役に立つ性格テストと述べられています。

人の性格を、攻撃型と防御型に分けます。

攻撃型

競争が好きで、金や名誉など外的報酬に強い影響を受ける
大きな夢を持ち、仕事を効率的に進める意思が強い

変化が早い業界に向く

適職:コンサルタント、アーティスト、ソーシャルメディア系など

防御型

目標を「責任」の一種として捉え、競争に負けないために働くタイプ
仕事ぶりは性格でゆっくりと着実にものごとを進めていく

安心感、安定感を実感しやすい仕事に向く

適職:事務員、技術者、経理、弁護士など

攻撃型は競争心、効率的というキーワードがあるので、男性ホルモンが高い人だと思いました。

『促進予防焦点尺度』によると私は防御型です。

過去に、家族に営業は向かないと言われたことがあります。

ノルマを求められる営業職などは攻撃型の職種だと思います。

現在の本職もシステムエンジニアのため、妥当な結果です。

『促進予防焦点尺度』の質問 採点(7点満点)
どうやったら自分の目標や希望をかなえられるか、よく想像することがある 5 0
私はたいてい、悪い出来事を避けることに意識を集中している 0 5
私はたいてい、自分の将来が成し遂げたいことに意識している 5 0
どうやったら失敗を防げるかについて、よく考える 0 5
私は、自分の理想を最優先し、自分の希望や願い・大志を叶えようと努力するタイプだと思う 4 0
自分の責任や役割を果たせないのではないかと、よく心配になる 0 6
恐れている悪い出来事が自分に降りかかってくる様子を、よく想像する 0 5
私はたいてい、人生において良い結果を上げることに意識を集中している 4 0
職場(学校)での私は、仕事(学業)で自分の理想を叶えることを目指している 4 0
どうやったら良い成績が取れるかについて、よく考える 3 0
将来どんな人間になりたいかについて、よく考える 5 0
目標とする成績が取れないのではないかと、よく心配になる 0 4
こうなったらいいなと願っていることが叶う様子を、よく想像する 3 0
職場(学校)での私は、仕事(学業)での失敗を避けることを目指している 0 5
自分が将来そうなってしまったら嫌だと思う自分像について、よく考えることがある 0 5
私にとっては、利益を得ることよりも、損失を避けることの方が大事だ 0 5
  33 40
  攻撃 防御

仕事を辞めたい私が『科学的な適職』で得た適職

本書では適職を探すキーワードとして『7つの徳目』が述べられています。

  1. 自由
  2. 達成
  3. 焦点
  4. 明確
  5. 多様
  6. 仲間
  7. 貢献

『7つの徳目』の詳細は鈴木祐さんの以下の記事をどうぞ

https://toyokeizai.net/articles/-/321269?page=2

こちらを見ながら、
ネットの「職種一覧」や「適職図鑑」から徳目を満たせそうな職種を探すよう勧めがありました。

やってみたのですが、
INFP型の私に向いている仕事は職種一覧にほとんどなかったです。

営業 × ノルマのある仕事はストレス。防御型タイプに合わない。家族から営業は向かないと指摘あり
事務・オフィスワーク 防御型と合っているが、ルーチンワークは苦手
販売 ルーチンワークは苦手
飲食・フード 自由度が低いため。7つの徳目の「自由」を最重要とすることに相反する。
サービス・警備・清掃 清掃は嫌いではないので、できなくはないかも。
イベント・レジャー・娯楽 ルーチンワークは苦手
教育・カルチャー・スポーツ 教えることがあれば、オンラインなら可能性あり
理・美容 専門知識がないし、関心も少ない
医療・介護・福祉 困っている人をサポートすることは適性に合っている
ドライバー・配達 車の運転にあまり関心がない、ルーチンワークになりそう
製造・工場・倉庫 × ルーチンワークは苦手
IT・エンジニア 現在の職種なので、適性はないわけではないと思う
クリエイティブ・編集・出版 未知数だが、基本的には攻撃型タイプが合うと思う
専門職 AI時代で専門職の仕事がなくなるかも。変化の早い時代に対応する必要がある
土木・建設・農水産 土木工事に関心が持てない

 

それもそのはず、INFPが社会不適合者と言われる理由は以下だからです。

  • INFPは好きなこと以外はストレスになって続かない(好きなことでは稼げないのはわかっている。。)

  • マイペースに進められる仕事がベスト。プレッシャーやノルマが存在すると大きなストレスになる

  • 一人で進められる仕事が良い(組織だと、他人にメンタルを左右されてしまうから。人間関係次第)

自分のタイプですが、客観的に見ると甘っちょろいですね。。

しかし、INFPは繊細で感じやすいHSPの特徴を持っている人が多く、仕方ない面もあります。

そこで、

で紹介されていた、

あなたの天職がわかる16の性格

に記載があったINFP型に向く職種の一覧をピックアップし、その職種をマトリクス分析することにしました。

全ての職種をマトリックス分析すると量が多くなりすぎるので、最初に職種を自分の興味・関心で絞り込みました。

そこから、『適性がある』に分類された職種について本書のマトリックス分析を実施しました。

INFP型の私向けに少しアレンジし、「収入、マイペース、一人または少人数」の評価項目を追加しています。

『科学的な適職』マトリックス分析での気づきは、現在の仕事である『技術者』の採点が意外に高いということでした。

INFPはカウンセラーやコーチなど一対一で進められ、人をサポートする仕事に適性がありました。

技術者は安定していますが、ワークライフバランスが低く、残業が多いので、将来的に体を壊さないか心配です。

よって、

  • 体調が持つなら技術者の収入源を確保しつつ、並行してカウンセラーなどの適職を始めるのが良い

  • 『7つの徳目』の採点をさらに向上させるには、オンライン(在宅)で仕事ができないかを検討する

という結論になりました。

将来的な理想の働き方としては、働く時間と場所の裁量を大きくするため、

①定期労働

在宅 × 週3日程度の労働

②非定期労働(①以外の時間で)

在宅 × メンタルカウンセラー
在宅 × キャリア開発コーチ

を進めていきたいです。

収入が少ない場合は①の定期労働の時間を増やす。

それでも収入が足りなければ、①を在宅ではない仕事にするなど、様々なアイデアが湧いてきました。

読んで頂きありがとうございました。

みなさんも自分だけの適職を見つけてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です