おっさんレンタル『四谷の幸運なおっさん』にインタビューしてみた


2020/10/17更新

こんにちは、おっさんレンタルのいっしーです。

2020年7月18日に、同じおっさんレンタルで働く、『四谷の幸運なおっさん』こと橋本さんを3時間レンタルし、インタビューをしました。

 

↓公式サイト
 
おっさんレンタル公式サイトから引用した『四谷の幸運なおっさん』のプロフィールです。
 

生まれは北海道の札幌市ですが、小学生から東京で育ち、現在も都内に住んでいます。

大学卒業後、大手広告代理店に就職し、途中で外資系代理店に転職、その後 独立して20年目の現在は東京の四谷で小さな会社を経営しています。

ふたご座の0型 身長189cm体重84キロ 現在の趣味は、ゴルフ、映画鑑賞、海外旅行、食べ歩き、そして仕事です。タバコ 吸いません(30年前に禁煙しました。)
お酒 あまり強くないですが、飲みます。

 
■お役に立てそうなこと
•仕事関係の悩み(職務内容、転職など)や人間関係(職場、学校、友人、家族、男女)のご相談
20年間モバイルで人生相談サイトを運営しています。
 
•事業運営でのお悩み(男女問わず、新規のお店や事業の立ち上げ相談など)のご相談
リアルやネットで過去45件の事業企画に携わりました。
 
•お供します(単なる話し相手、ゴルフ、カラオケ、食べ歩き、ドライブ、愚痴のはけ口、など)
平日、土日問わず、時間の調整が可能です。
•その他、どんなことでもでもとりあえずご相談ください。あなたの夢や一度やってみたかったこ となど、何かをかなえるお手伝い、ちょっとでも悩みが解決するお手伝いをしたいと思います。

 

私がプロフィールで一番興味をもったのは、20年間モバイルで人生相談サイトを運営しているというところでした

おっさんレンタル『四谷の幸運なおっさん』にインタビューしてみた

それでは、インタビュー開始です。

 

Q1 おっさんレンタルを初めてどのくらいですか?

去年の秋口からなので10ヶ月くらいです。

Q2 おっさんレンタルを始めたきっかけを教えてください

友人の女性の店を出したいという相談に乗ってアドバイスしていたのですが、その女性からおっさんレンタルを紹介され、勧められたのがきっかけです。面白いビジネスだと思いました。

Q3 どんなお客さまからレンタルされますか?

まだ、20件いかないのですが、6:4くらいで男性の方が多いですね。

おっさんレンタルの利用者は女性が多い印象がありました。プロフィールの社会経験が豊富なイメージから男性が多いのかもしれないですね。

Q4 『四谷の幸運なおっさん』はどんなお客さまにオススメですか?

個人的には小さい会社の社長さんなどにアドバイスできると思います。

橋本さんは広告代理店に新卒で入り、独立後、20年以上会社を経営しているので、きっと参考になります!

 

ちなみに、私が橋本さんにインタビューして感じたオススメのお客さまは以下ですので、参考にしてみてください。

  • これから起業したい人、若い中小企業の経営者
  • 広告業界に就職、転職しようと考えている人
  • バレーボールに関するアドバイスが欲しい人(バレーボール業界に人脈あり)
  • 背が高い年配のモデルやエキストラを探している人

尚、軽作業や引っ越しなど、力仕事はお断りしているそうです。

Q5 おっさんレンタルの事業拡大について教えて下さい

おっさんレンタルはとてもいい試みです。長い人生を経て苦労した連中の、経験、知見を若い人に伝えるべきです。事業化するなら自分もサポートするとCEOの西本さんに申し上げました。ただ、事業化するにあたっては、契約書を作ったり、責任の所在を明確にして組織化してくことが必要で、現時点では課題もあります。

事業化すると今のシステムがどのように変わるんですか?
基本的にCEO西本さんがファウンダー(創業者)ですから、西本さんがやりたいコンテンツと、僕の広げたいことが合致してるかどうかを意思疎通をする必要があります。

 

その上の話になりますが、今のように採用面接などを全てを彼がやっちゃうと事業として広がりがないんですよね。事業って一人の力だとたかがしているので、どうやって1+1を3や10にしていくという部分が肝なんです。私は他の事業やコンサルもやっているので、事業化したいなら一緒に勧めましょうと西本さんに申し上げました。

Q6 ご自身の職歴について教えて下さい

広告代理店にサラリーマンとして勤めました。そして、ヘッドハンティングされ、ある小さな外資系の代理店の役員を経験しました。その後、起業して20年以上会社を経営しています。広告マーケティングのキャリアがベースになっています。

Q7 なぜ独立して起業しようと思ったのですか?

ヘッドハンティングされた転職先の業績が悪くなり、私は役員でしたので、リストラを従業員に伝えなければならない立場でした。でも、最終的に人を辞めさせて自分だけ続けるわけにはいかないので、辞めて会社作りました。つまり、夢と希望にあふれて会社を作ったのではなく、最初は仕方なく会社を作ったのです(笑)

Q8 広告のお仕事について教えてください

以前、携わっていたものとしては、ファーストフード店のトレイに乗っているシートや割引券の広告など、大手が手を出しにくいニッチなメディアの広告です。

 

最近だと票券(ひょうけん)事業があります。

票券事業とは何ですか?
わかりやすい例で言うと、新聞社の販売店が、新聞の購読者に契約継続のお礼品として洗剤や美術館や遊園地などのレジャー施設の無料チケットを配るのですが、そういったチケットの開発を我々が代理店として行っています。

 

美術館などの施設に出向き、新聞社にチケット売りませんかと提案します。我々が施設からチケットを安く購入し、手数料のせて、新聞社さんに販売するビジネススキームになっています。

Q9 広告業界の裏話を教えてください

票券事業では、施設からチケットを本来の正規価格より安い価格で購入します。施設からすると、チケットの販売価格は安いが、集客してもらって収益も入るのでメリットがあります。

チケットを安く売ると施設は商売にならないんじゃないかと思いますよね?でも、利用者は自分でチケットを買っていないため、利用率が低いのです。

 

「今度行こうね」と言い、有効期限が過ぎてしまったら「じゃあ、今度またもらっとくね」という世界です。施設としては、チケットを安く売くても利用率が低ければ、正規料金で売るのと同じです。

これは一般的には殆ど知られていない特殊なビジネスです。ただ、この話はディズニーランドに提案してもだめなんですよ。

つまり、ブランド力がなかったり、自分で集客する力が弱い人に対して提案できるビジネスですね。
その通りです。このビジネスのミソは、「自分で買ってないチケットは、利用率が低い」ということなんです。自分でチケットを購入するグルーポンでさえ、利用率は9割り切っているんですよ。

 

Q10 20年以上運営している人生相談サイトについて教えてください

21年前、独立初年度にモバイル(ガラケー向け)の「お悩み解決館」という人生相談サイトをauに企画・提案し、サービス開始しました。会員がお互いに質問・回答をやり取りする会員循環式のコンテンツです。最盛期で3万人の会員がいました。

Q11 お悩み解決館のアクセスが1日300万PVに急増した理由を教えてください

当時はドコモのポケベルが最盛期で、携帯電話(ガラケー)が伸びる初期の頃でした。僕の友人が占いのコンテンツをポケベルでやっていたのですが、そのコンテンツを携帯電話に移行して大ヒットしたのです。それをヒントに、「お悩み解決館」を企画しました。

 飛躍的にそのままモバイルのコンテンツも増えていき、毎月何百人と会員数が増えていきました。そういう時代でした。

つまり、携帯電話(ガラケー)の普及で生まれる新しいニーズに合わせたコンテンツを作ったからですね。現在なら、スマホの普及でYoutube視聴者が増えていくようなものですね。
そうすると、今度どういうことがあるかというと、同じシステムで似たような名前の競合コンテンツが出てくるんですよね。まあ、節操ないと思ったのですが、キャリアが許していたので仕方ないですね。

おっさんレンタルでも、似たような競合サイトがありますよね。何かがヒットするとかならず競合(類似品)が生まれるということですね。

 

「お悩み解決館」は入会の審査が厳しく、出会い系は禁止していたので、最初は会員数は伸びませんでした。ただ、出会い系サイトをやらなかったので、当初はauのみ公認でしたが、ソフトバンクも公認となり、5年後にドコモの公認サイトになりました。投稿型サイトが3キャリアで公認なったのはうちがほぼ初めてでした。

それから、時代はガラケーからスマホになり、無料のコンテンツがたくさん出始めました。それでも、まだ一応「お悩み解決館」という名前でコンテンツは存続してます。

 

Q12 日本一のバレーボール部に入ったきっかけを教えてください

たまたま高校の選抜チームで海外遠征の一員に選ばれたのをきっかけに、当時大学日本一のバレーボール部に入りました。大学生チームでしたが天皇杯を5連覇しており、レギュラーになるとだいたいオリンピック選手になる強豪チームでした。

Q13 バレーボール部での壮絶体験を教えてください

もう地獄で、こんなはずじゃなかったと。

 

今はもちろんやってませんけど、当時は根性、根性で。合宿の初日に一晩で30発くらい殴られるんです。

 

例えば、先輩からボールを拾って壁にぶつけてはいけないと言われます。でも、アタックなんか打つと何発かは壁にあたっちゃうんですね。理不尽と言えば、理不尽なんですけど、当てるなって言われると必死になってボールを拾うんですよ。その必死さが、試合の最終局面のボールに現れるんです。

 

これはね、経験したやつじゃないとわからないんです。我々は知っているわけですよ、だから試合になってせった時にほとんど勝つんです。何でかっていうと、あんなやつらには絶対負けない練習と鍛えられている、というわけのわからない力が出るんですよ。

人間のもっているパフォーマンスを最大まで挙げるために、そうやって追い込むわけなんですね。
すべてのことに当てはまるかというと、そうではないとは思うのですが、いわゆる、トップ取った人の経験っていうのは似たようなものがあるでしょうね。でも、オリンピックで金メダル取った人が銀メダルや銅メダルの人より練習したかというとそうじゃないケースもあるじゃないですか、運もあるし、でも、そういうものですね。だから、この辺が難しいですよね。

 

ただ、実際には人より努力しないと銅メダルにも達しないというのは事実だと思うんです。そういう世界が、僕の大学の部活なので人生の強烈な経験として残ってますね。

Q14 ブログで情報発信しているのですが、発信する軸や内容を悩んでいます

まず、誰にアピールし、どういう行動をとってもらいたいのかを明確にしたほうが良いです。若い女性なのか、お年寄りなのか、東京なのか、地方なのかですね。おっさんを取材してブログ記事にするというのはおもしろいと思います。

 

商品を広告したいなら、PR会社さんに頼むのが良いです。PR会社はその案件はこういうテレビの〇〇という情報番組で取り上げられたらいいというルートをもっています。表面的には、お金を払って広告していないように見えても、お店の紹介とかね。やはりメディアのパワーは強い。

 

Q15 起業家や経営者を目指す方へのアドバイスをお願いします

一般的に、会社が社員を採用し、定年まで全うすると2億~3億かかると言われています。つまり、2億5千円の買い物をするわけです。雇用契約を結ぶということは社員に問題ない限り辞めさせられません。

 

社員が給料の3倍稼ぐことが、会社が継続するボーダーラインと言われています。社員には50万払うから200万稼いでこいというのと同じです。今月給料厳しいから給料20万円で良いというわけにはいきません。それは家業であり、株式会社になったら許されません。経営とはそういう腹のくくり方ができるかどうかですね。

橋本さんはどうしてできたんですか?
ある程度の努力と、なんとかなるかという楽天的な性格と、あとは運ですね。

Q16 人生哲学を教えてください

 

他人を儲けさせて初めて自分が儲かる

私は、稲盛和夫さんの利他の精神の生き方を尊敬しています。人生相談コンテンツをやったときに、KDDIと取引したんですが、その時の京セラのサーバ運営会社の社長さんが、稲盛イズムを薫陶をうけた人だったのです。

 

なかなかできないですけどね、これはね、やっぱり難しいんですよ。自分が完璧にできているかというと、決してそうではないですが、執行したいと気持ちは常に持ちたいと考えています。

私の会社運営のコンセプトは「うちの会社に入って良かったと思われる会社にしたい、社員には自分を採ってくれてよかったと思われる人間になってほしい」です。そういう気持ちをお互いに持てば、お互いがハッピーです。

 

そこには規模もありません。10人なら10人なりの幸せがあっていいんじゃないかと。残業したくないなら、残業なんかしなくていいと。その代わり、決められた時間の中で最大のパフォーマンスをあげてほしいと。

 

やはり義務と責任があるじゃないですか、その中で、お互いに切磋琢磨していけばいいと。これが70年行きてきた集大成というか、考え方ですね。

思えば叶うというのがあります。夢を形にとかいうけど、そうありたいと、思っていれば、徐々にですし、100%ではないにしても、通じる世界があるというのはあると思いますよ。

Q17 おすすめの書籍を教えてください

好きな本というより作家では浅田次郎、伊集院静です。

有名な本としては以下がありますね


その他はベタですが、スティーブンコヴィーの「七つの習慣」がビジネスにかぎらず、示唆にとんでいました。


僕はマンガ版を読んでみたいです!

まとめ

いかがだったでしょうか。

1日300万PVを達成した人生相談サイトの設立秘話を含む、インタビュー前半の音声もアップしました。

よろしければ、直接インタビューをお聞きください。

興味を持たれた方は是非『四谷の幸運なおっさん』をレンタルしてください!

四谷の幸運なおっさん

00:00  おっさんレンタルを始めたきっかけ

03:21  人生相談サイト『お悩み解決館』を始めた理由

07:32  出会い系サイトの問題

12:53  おっさんレンタルの事業拡大構想について

18:52  広告の仕事について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です