弁護士費用保険Mikata(ミカタ)に面会交流不履行で保険適用できるか聞いた


2021/04/19投稿

おっさんレンタルで働いて1年半になるいっしーです
 
こんにちは、おっさんレンタルいっしーです。
 
私は2018年にプリベント少額短期保険の、弁護士費用保険Mikata(ミカタ)に加入しました。
 
いざという時の、法律トラブルに備えています。
 
そんななか、実は昨年から、調停で取り決めた面会交流が実施できていない問題を抱えています。
 
今日は、プリベント少額短期保険の弁護士費用保険Mikataのコールセンターに保険適用できるか、聞いた結果を書きます。
(ただし、参考にした結果の責任は負えないので、あくまで参考としてください)
 
「弁護士費用保険って、役に立つの?」
 
「弁護士費用保険Mikataって実際どうなの?」
 
「弁護士費用保険Mikataってちゃんと保険下りるの?」
 
という疑問を抱えた方には参考になると思います。
 
結論としては、弁護士費用保険Mikataで、面会交流不履行の保険適用はできるようです。
 

弁護士費用保険Mikata(ミカタ)に面会交流不履行で保険適用できるか聞いた

Mikataのコールセンターに電話するまでの経緯

 
面会交流を支援する公益社団法人家庭問題情報センター(以降FPIC)の担当者から先日電話がありました。
 
女性担当者:「(元妻〇〇)さんに何度も電話していますが、連絡がつかず、面会交流の日程調整ができない状況です」
 
私:「そうですか。。どうするか代理人と相談しますね」
 
(心の声:何だと~、二ヶ月に1回、長男と面会すると調停で取り決めただろう~。こっちはちゃんと養育費を払ってるぞぉ~!)
 
とはいっても、昨年、離婚調停は成立し、既に調停は終了しています。
担当弁護士にずっと元妻との交渉役をお願いするわけにもいきません。
 
私は途方に暮れました。
考えた末、弁護士費用保険Mikataのコールセンターに電話し、もし、面会交流不履行で調停や訴訟を申し立てた場合、弁護士費用保険が適用されるか聞きました。
 
その前に、状況整理です。
 
  • 2018年11月 弁護士費用保険Mikata(ミカタ)に加入(月額2980円)
  • 2020年6月 離婚調停成立(養育費と面会交流の調書を作成)
  • 2020年9月 オンラインで長男との面会交流を実施
  • 2020年10月~11月 (問題発生)FPIC担当者から元妻と連絡がとれず、面会交流の日程が調整できないと連絡あり
 
コールセンターへの確認結果は以下です。
 
  • ①法律相談料保険金  22000円(税込)は保険適用可能
  • ②弁護士費用等保険金 上記の問題状況が事実であれば、保険適用される可能性がある
 
つまり、面会交流不履行で弁護士へ依頼した場合、保険適用される可能性があるようです。
保険に入っていてよかったと思いました。
 
なお、離婚・相続・親族関係・リスク取引に関するトラブルは保険加入から1年間の待機期間があります。
私は、2018年に加入なので、条件をクリアしていました。
 
ただし、②の弁護士費用の保険適用のためには、弁護士が作成した申立書類をプリベント側が確認し、保険適用可否を判断するとのことでした。
 
具体的には、
・コールセンターでの相談内容は事実か
・原因発生日が、保険加入後 かつ 事件の種類に応じた待機期間が過ぎているか
などをチェックするようです。
 
ちなみに、①の法律相談料の保険金は、担当弁護士をプリベント保険に連絡した上で、保険適用したい旨を連絡が必要とのことです。

弁護士費用Mikataのコールセンターへの質問とオペレータの回答

 
質問1:自分自身で調停や訴訟を申し立てるために、弁護士に依頼する場合にも、保険は適用されますか?
回答1:自分で申し立てる場合でも保険適用は可能です。
 
質問2:担当弁護士は自分で選ぶことができますか?
回答2:自分で選ぶことができます。
 
質問3:保険適用後の数年後に、同一の問題が発生した場合、2回以上の保険適用はできますか?例えば、面会交流不履行により、保険適用の上、弁護士へ依頼しました。その数年後、また面会交流不履行が発生した場合、2回目の保険適用はできますか?
 
回答3:できます。ただし、その場合は、もう一度、調停や訴訟などで面会交流についての取り決めなどを行い、面会交流を履行すべき状況にする必要があります。面会交流不履行の状況が継続している場合、保険適用はできません。
 
なるほど、2回目以降は、再度取り決めをして、もう一度面会交流をすべき状況にリセットしておかないと、保険適用ができないということですね。

弁護士費用Mikataコールセンターに電話する際の注意点

  • 電話すると、原因発生日や問題に至った経緯の詳細を聞かれます。
  • 相談内容は録音されます。(音声で案内あり)
  • 相談内容は会員情報に記録されます。(オペレーターから通知あり)
 
よって、相談前に状況を整理し、事実と異なることは言わないほうがよいです。
 
プリベント少額短期保険の、被保険者用の保険ご利用相談ダイヤル
0120-783-308
携帯電話・PHSからもご利用になれます。
受付時間:月~金曜日10:00~17:00(土日祝・年末年始を除く)
 
私が加入している弁護士費用保険
 
月曜の午前中に電話しましたが、コールセンターへ電話はすぐに繋がりました。
オペレーターの対応も良かったと思います。
 
もし、私のように法律トラブルを抱える可能性がある方は、弁護士費用保険を検討してみてはいかがでしょうか。
 
一般事件の保険金の補償額は以下です。
(基準弁護士費用 - 免責金額5万円)× 縮小てん補割合70% 
 
なお、着手金の約7割が補償されますが、報酬金の補償はないので、その点だけお気をつけください。
 
読んでくださりありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です