Netflix会員なら【37セカンズ】視聴をおすすめする理由(3回号泣しました)


Netflixってどの作品を見たらよいか迷うなー
Netflixで面白くて感動する作品が見たい、おすすめの作品はどれ?

こういった疑問に答えます。

私はおっさんレンタルで働き、まもなく1年になるレンタルおっさんのいっしーと申します。

西武池袋線のおっさん いっしー https://ossanrental.thebase.in/items/21411551

この記事を書いている私はNetflixとAmazon プライムビデオの会員です。

映画「祈りの幕が下りる時」がお気に入りの私ですが、5月19日予備知識なしにNetflixで【37セカンズ】という国内映画を見ました。思いの外、素晴らしい作品だったのでご紹介させていただきます。

ちなみに、私はこの映画の関係者ではなく、何のつながりもありません。

今回は「Netflix会員なら【37セカンズ】をおすすめする理由」について解説します。

本記事の内容

・Netflix会員なら【37セカンズ】視聴をおすすめする理由(3回号泣しました)

「Netflixでおすすめの作品を知りたい」と思っている方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

※記事は3分くらいで読み終わります。

Netflix会員なら【37セカンズ】視聴をおすすめする理由(3回号泣しました)

【37セカンズ】のストーリー、出演者、監督について

【ストーリー】

脳性まひを患う23歳の女性ユマが、人との出会いで成長し、自立していく物語です

【出演者】

主演:佳山 明(カヤマメイ)

神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦、

萩原みのり、宇野祥平、芋生 悠、渋川清彦、奥野瑛太、石橋静河、尾美としのり / 板谷由夏

 

※主人公の女性ユマを演じる佳山明さんは、一般応募のオーディションで選ばれ、本作品が初演技です。

佳山さん自身も生まれつき脳性まひを患っています。

【脚本・監督】

HIKARI

【公式サイト】

http://37seconds.jp/

【予告編】

Netflix会員なら【37セカンズ】視聴をおすすめする理由

おすすめする理由は以下です。

  1. 予備知識なしで見たら3回号泣!あらゆる感情を体験できる
  2. あなたの人生を変える可能性がある

順に解説します。(ネタバレしないように書きます)

1.予備知識なしで見たら、3回号泣!あらゆる感情を体験できる

「37セカンズって不思議なタイトルだな」「この主演女優、見たことも聞いたこともないな」

きっかけはそんな好奇心で、予備知識なく【37セカンズ】を見始めました。

しかし、最初の親子の入浴シーンの圧倒的なリアリティに心を鷲掴みにされ、そこから目が離せない展開の連続でした。

この作品では「苦しい、切ない、ハラハラする、面白い、清々しい、頑張れ!」といったあらゆる感情を体験し、感動します。

私は「はじめてのおつかい」を見ているような気持ちで成長する主人公のユマを見つめていました。

普段、映画やドラマで滅多に泣かない私ですが、3回も号泣してしまいました。

号泣したシーンは「海外での別れのシーン」「介護士の男性に37セカンズを語るシーン」「自宅へ帰宅したシーン」の3シーンです。

2.あなたの人生を変える可能性がある

この作品を見ると、主人公に感情移入し、出来事を疑似体験します。

主人公ユマの「自分の漫画を読んでもらいたい、恋愛がしたい、お酒を飲みたい、知らない世界を見たい」という気持ちは僕らと同じ普遍的な感情です。

一方で「一人で階段が降りられない、恋愛する相手を見つけられない」といった、僕らとの違いも知ります。

ユマの奮闘を通して、健康であることがいかに恵まれているかを気づかされます。

そういった他者を知る体験は、自分の捉え方の変化につながり、その後の人間関係にもプラスに働くと思います。

例えば、許せなかったことが許せるようになったり、嫌だった出来事が、良い出来事に変わる場合もあります。

寛容になって人生が変わるかも知れません。

私はおっさんレンタルで1年間依頼者の話を聴いてきましたが、自分と異なる他者を知れば知るほど、正解は一つじゃないとわかります。

ユマは障害を患っていますが、本作品は障害がテーマではないと思いました。

観客はユマの目線で世界を見ることで、「障害者は可哀想」ではない新しい価値観に触れます。

この作品には人を変える力があると思います。

【37セカンズ】は国内外で高く評価され、各界著名人からも絶賛されています

  1. 世界三大映画祭ベルリン国際映画祭でダブル受賞の快挙
  2. Netflixが国内外の配給権を獲得
  3. 各界著名人が絶賛

順に解説します。

1.世界三大映画祭ベルリン国際映画祭でダブル受賞の快挙

【37セカンズ】は第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門の観客賞、国際アートシアター連盟(CICAE)賞をダブル受賞しています。

ベルリン国際映画祭(ベルリナーレ)は、カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の一つで、来場者数50万人、上映数400本の最大級の映画祭です。

パノラマ部門の観客賞(最高賞)は、最も観客の票を集めた作品に贈られる賞です。そのため、多くの人の心を動かしたと言えるでしょう。

国際アートシアター連盟(CICAE)は、世界のアート系シアターで上映されるべき作品、上映して成功を収めた作品に送れる賞で、日本映画ではこれまでに、小栗康平監督作『伽や子のために』『眠る男』、岩井俊二監督作『リリィ・シュシュのすべて』などが受賞しています。

2.Netflixが国内外の配給権を獲得

定額制動画配信サービス大手のNetflixが国内外の配給権を獲得しました。驚くような高い金額で獲得したようです。

3.各界著名人が絶賛

【37セカンズ】の公式サイトには、鑑賞した各界の以下の著名人の絶賛の声が掲載されています。

伊賀大介
市山尚三
伊藤麻実子
戌井昭人
上原ひろみ
江幡 晃四郎
井上芳雄
小曽根真
呉 美保
奥山佳恵
外 能久
片岡礼子
川口覚
河瀨直美
斎藤工
坂本憲司郎
坂本龍一
さだまさし
佐藤佐吉
ジョン・カビラ
スプツニ子!
瀬々敬久
高畑淳子
CHAI
辻本敏也
デイビッド・ヘイマン
藤堂裕
中野量太
永野
長久允
早見和真
富家規政
前田哲
桝井省志
三代達也
村川翔一
矢田部吉彦
山田洋次
行定勲
リリー・フランキー

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事では「Netflix会員なら【37セカンズ】をおすすめする理由(3回号泣しました)」について、おっさんレンタルのいっしーが自分が視聴した体験をもとに書きました。

あらゆる人が受け入れられる世界、お互いの違いを認め合える世界になるといいですね。もしかしたら来世であなたは、目の前にいる人になる…かも!?しれませんよ(^ – ^)

是非Netflixで【37セカンズ】をご覧になってください!

読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です