人が誰かにお金を払う理由を真面目に考えてみた


2021/01/30投稿

おっさんレンタルで働いて1年半になるいっしーです
私はHSPため、物事を深堀りしていくのが好きです。
 
本記事では人が誰かにお金を払う理由を考えました。
 
普段Evernoteに書いている自分用のメモで恐縮です。
 

時は金なり

ある人が100万円を投資し、本を買ったり、講座を受けて能力を高めてきたとする。
 
その人は、マラソンで例えると、その分野の先頭ランナー(先駆者)である。
 
先頭ランナーが後続ランナーから30万円もらい、後続ランナーに役立つ本のリスト、講座内容、自分のノウハウを伝えたとする。
 
すると後続ランナーは、先頭ランナーに至るまでの時間が短縮できた。
 
この時、30万円のお金を払う本質とは、『できるまでの時間の短縮』である
もしくは、自分はうまくできないので、『できる人の能力を買う』行為である。
 
つまり、誰かからお金をもらいやすいのは
  • その分野の先頭ランナー(先駆者)になる
  • 他人にうまくできないが、自分はできることをする
である。
 
あとは、友人(顔見知りである)であれば、お金をもらいやすいかもしれない。
 
これを繰り返していくと、先頭ランナーと後続ランナーの差がどんどん縮まる。
 
その頃には、参加するランナーが増え、需要より供給が多くなって、供給価格が下がる。
 
例えば、カウンセラー業界はカウンセラーの数が多く、需要より供給が多いため儲からない。
 
しかし、カウンセラーになりたい人は多いので、後続ランナーに対する資格や講座でお金を吸い上げる構造になっている。
結局、後続ランナーは割を食い、稼げにくい。
 
科学のように再現性があることは、参加者が増えていくため、いずれ供給価格が下がる。
 
業界の成長期(需要>供給)は稼げるが、衰退期(需要<供給)になると稼げなくなり、後続ランナーからお金を得るしかなくなる。
 
需要とは世の中の動き(トレンド)から生まれやすい
 
例えば
  • 5Gの大容量データ通信が可能になった
  • 車の自動運転が可能になり、運転しなくて良くなった
  • 電気自動車が普及した

あるいは、働き方やライフスタイルの願望や悩みから生まれやすい

  • 満員電車に乗りたくない、時間と場所を選ばずに働きたい
  • 働く時間を自分で決めたい
  • 年収は高くなくてもいいので、自分の好きなことはしたい
  • 週末だけパートナーと暮らしたい
  • 事実婚、同性婚も認めてほしい
  • 家族が障害を持っている
  • 学歴がない
  • 異性にモテない
  • 結婚できない
  • 子供を持てない
  • 親の介護が大変である
自分が供給する時は、供給している人が少ないものを目指したほうが良い。
 
では、知識や経験が多ければ先頭ランナーになれるのか?
そもそも、なぜその人は選ばれるのか?
価値提供しているからである。
 
つまり、知識や経験が沢山あっても、それを利用者が喜ぶ形で提供していないと価値は上がらない。
 
あくまで利用者のニーズ(こうありたい)を叶えることが本質
 
価値とは相対的なもので、一人ひとりニーズは異なる。
 
「そんなことで?」というものが、別の人にとっては価値が高いかもしれない。

「利用者に喜ばれることをする。圧倒的に、他の人が真似できない形で」

 
 
どんな人の悩みを解決するのか?
どんな人にどうなってもらいたいのか?
どんな人のスピードを上げるのか?
 
難しいのは、人は意外と『自分の喜ぶことが自覚できてない』からである。
 
その人の才能が最大限に発揮され、幸福な人生を歩めるようにする。
最も美しく咲いてもらいたい。
 
花に例えると、
  • 自分を知ること(自己分析)・・・品種は何か
     
  • 強みの伸ばし方と使い方をアドバイスすること(キャリア開発)・・・どんな状況で最もきれいに咲くのか
     
  • 能力を発揮できる状態にすること(健康)・・・どんな環境(光、温度、水やり、土壌など)を整えればよいのか
が必要である。
 
成功した人のやり方を真似ても幸福にはならない。
なぜなら、そこには「自分」がないから。
 
他の人が真似できないことは、個人の属性や人生そのものである。(年齢、性別、外見、家庭環境、学歴、友人、悩み、体験、病気)
 
自転車で一人旅をする動画も誰かの「その場所に行く時間はないけど、自転車で一人旅した気分を味わいたい」の願望を叶えている。
 
【東海道五十三次】自転車で行く 東京→大阪の旅《江戸・日本橋→川崎宿》東海道の旅第1日目
一緒に体験するという願望を叶えている。
 

 
ヒロシちゃんねるも同じ
自分の好きなことを共有し、一緒に体験する感覚を共有している。
 
ヒロシキャンプ【みんな忙しいのでまたソロキャンプ】

大好きな街録チャンネルでは、ミサトさんに密着し、人柄や状況がわかるにつれ、応援したい気持ちになる。
 
※※本当は私、以前から街録チャンネルに近いことをやりたかったので先行されて悔しいです。
私より編集上手で面白いからいいけど。
 
夜のお姉さん専門店/10年続けたオーナー辞任の理由
 

そういう意味だと、人は見て辛くなるものは見ない。
 
「こんなにつらい状況にあります」より、
「大変ですが、〇〇を目指して頑張っています」の方が応援しやすい。
 
少し話が逸れたが、誰かからお金をもらいやすいのは、
  • その分野の先駆者になる
  • 他の人ができにくいが、自分はできることをする
  • その活動を続けると、相手に喜ばれることをしつづける(お金を応援としてもらうのに近い)
である。

人には、「到達したい点」がある

人間の欲求は主に4種類(HARM)

  • お金がほしい(Money)
  • 健康でいたい(Health)
  • 夢やキャリアを実現したい(Ambitious)
  • 理想の家族や人間関係を築きたい(Relationship)
 
お金は、自分の選択肢を増やし、人の手を借りることができ、到達点に進むスピードを上げてくれる
到達点に早く近づくために人はお金をはらう。
 
理想に近づくと相手に思い込ませてお金をもらう行為は詐欺という。
 
ちゃんとした人もいるが、一部のスピリチュアル、占い、宗教もそうである。
 

でも、宝くじのように1人でも当たる場合は詐欺とは言えないので難しい。

 
 
誰かのキャリアを開発したいなら、まず自分で以下を実践しなければならない。
  • 自分を知ること(自己分析)
     
  • 強みの伸ばし方と使い方をアドバイスすること(キャリア開発)・
     
  • 能力を発揮できる状態にすること(健康)
 
そのため、上記をサイトメニューに設定することにした。

最後に

 
最後に、過去に私自身が自己理解で役立った本を掲載します。
 
個人メモを読んでくださり、ありがとうございました。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です