【Youtube議事録要約】マナブ超入門Youtube収益化基礎講座

こんにちは、システムエンジニア兼レンタルおっさんのいっしーです。

今日の記事は、自分と同じく、サラリーマンで副業や起業を目指す人に向けて役立つ記事を書こうと思います。

今は何が起こるかわからない時代です。リスク分散のため、サラリーマンの給与以外にも収入を得られるよう、一緒に学んでいきましょう!!

【Youtube議事録要約】マナブ超入門Youtube収益化基礎講座

【要約まとめ】マナブ超入門Youtube収益化基礎講座

今日ご紹介する動画は、ブログで稼ぐ方法や、ブログの書き方を調べていてたまたま発見したのですが、すでにご存じの方も多いかもしれません。

こちらのマナブさんは元々ブロガーで1年前からYoutubeに進出し、月収800万円稼いでいます。

30分程度の動画ですが、Youtubeで稼ぐ方法のエッセンスが詰っています。
これを無料で公開するってすごい時代になりましたね。
私はこの動画を見ている時、参考になりすぎてドーパミンが出まくっていました。

こちらの動画は、Youtubeで稼ぐ方法がテーマですが、ビジネスの本質についても語っています。
そのため、ビジネスに関わる人なら、見ておいて損はないと思います。
何も得るものがなかった人は、おそらくすでに多くの収入を稼いでいることでしょう。

ちなみに、私はマナブさんと一切繋がりはありませんし、コンタクトしたこともありません。
でも、ものすごく良い動画だと思いましたし、自分自身が好きで書きたいテーマなのでご紹介します。

Youtubeでの稼ぎ方はマナブさんの動画を見てください。

今回の動画は、Youtubeで稼ぐ方法ですが、さまざまなビジネスで応用できる3つの真実が述べられていました。

①ビジネスの本質とは、ユーザ(お客様)の問題解決である。

②コンテンツを作る時は、誰に向けて発信するのかを考え、期待する行動をとってくれそうな人に向けて発信する。

③自分のポジション(能力、年齢、資金、知名度)によって、取るべき戦略は異なる。

大事な真実だと感じたポイントに至った、自分自身の気づき(腹に落ちた理由)をまとめます。

ビジネスの本質とは、ユーザ(お客様)の問題解決である

ビジネスの本質は、ユーザの問題解決である、

これを聞いた時、私はものすごく腑に落ちたのです。

というのは、先日気づいたこと、と繋がったからです。

先日なぜ価値が生まれるのか?ということを、ランニングをしながら考えていました。

ビジネスに価値があるから、人はお金を払ってくれます。でも、その価値はどうして生まれるのかという点がずっと疑問でした。

世の中には様々な価値を提供するビジネスがありますよね。

たとえば、

健康になれる
楽しめる
学べる
時間を短縮できる
コミュニケーションできる
・・・

など

『できる人』と『できない人』が存在するから価値が生まれる

ずっと考えた末に、世の中に『できる人』と『できない人』が存在するから価値が生まれる、と思ったのです。

つまり、価値とは『願望を伴った差異』であり、『やりたいけどできない人』を『できるようにしてあげる』ことが価値なのだと、思いました。
この『やりたい』というのがポイントで、願望があるから価値が生まれるのです。

『やりたいけどできない人』を『できるようにしてあげる』ことが価値だとしたら、ビジネスの本質はユーザの問題解決ということに納得できます。

また、価値は相対的なものです。
あなたの車や家がとても立派だとします。


でも、世の中の人の全員が自分と同じ車と家を持っている(全員ができている)としたら、あなたはその車や家に価値を感じるでしょうか。

国民皆保険制度は、日本人全員が医療保険を受けられる素晴らしい仕組みです。
もちろん価値はあるのですが、私達は、普段ありがたみを感じてながら生きていないですよね。
人は、当たり前にあるものには価値を感じにくいのです。

もし、医療保険を受けられるのが、あなたを含めた日本人の10%しかいなかったらどうでしょうか。価値を感じると思いませんか?

価値は願望の伴う差異と言いました。
では、社会的弱者、例えば、寝たきりで体を動かせない人に価値はあるでしょうか?
寝たきりになりたいと思う人はよほど特殊な人ですよね。
だから、残念ながら願望の伴う価値にはなりにくいと思います。

では、やはり生まれつき才能に恵まれた人に価値があるという、シビアな結論になってしまうのでしょうか。

技術進歩や社会の価値観の変化のタイミングで、新しい市場が生まれやすい

私はマナブさんの動画を見て、技術革新や社会の価値観の変化のタイミングで新しい市場が生まれやすい、と気づきました。
例えば、男性向けの美容市場はこれから伸びていくそうです。

昔の価値観では、男性が美容だなんてダサイ、男のくせに軟弱だという価値観があったと思うのです。
でも、今は価値観も多様化し、相手に対するマナーとして美容もありかな、となれば、願望が生まれ、そこに新しい市場が生まれます

いつか社会の価値観が変わって、寝たきりの人(やりたくてもできない人)でも価値を生み出せるような時代になればいいし、自分もそれをサポートするビジネスがしたいと思いました。
できなかったギャップがあるほど、価値は大きくなりますから、やりがいがあります。

そういう意味では、AKBや乃木坂などアイドルの握手会って、批判は多いですが、できない人をできるようにした、という点で価値の高いビジネスですね。
先日以下の記事を書いたので、余計になるほど、と思ってしまいました。

【白石麻衣】プロフィールや性格、人気の理由は?どんなファンがいるの?

コンテンツを作る時は、誰に向けて発信するのかを考え、自分が期待する行動をとってくれそうな人に向けて発信する

年収1億円以上の富裕層の顧客を50人以上抱えるカリスマFPの江上治さんは、書籍『30日間で無敵の営業マンになるノート』の中で、
誰にでも会いに行く営業マンはダメな営業マンであると述べています。

もう一つ、大事なポイントだと思うのですが、自分のスキルや能力が高いから、相手がお金を払ってくれるわけではないということです。
課題を抱えている相手に、解決策を提案し、相手の困りごとを解決するからお金を払ってくれるのです。

私はサラリーマンですが、副業でカウンセラーの仕事もしています。
おかげさまで、話を聞く仕事はお客様から好評を頂いており、リピーターのお客様もいます。

その話を友人にすると「よく知らない人の話を長々と聞いていられるね、コミュニケーションスキルが半端ないね」と言われます。

確かに、話を聞くのは得意な方かもしれません。
でも、それはビジネスを成立させる本質ではない思うのです。
スキルが重要なのではなくて、『話を聞いてもらいたい人』と『話を聞きたい人』を繋げている、からビジネスが成立するのだと思うのです。

話を聞いてもらいたくない人に、話を聞いてあげようとするのは、相手にとってただの迷惑でしかありません。

つまり、ビジネスで大事なことは、自分が提供する商品を買ってくれそうな人にリーチすることです。
ものすごく当たり前のことですが、『頭で理解している』と『実践できる』は違います。
私も含めた初心者は、自分のコンテンツを、とにかく多くの人に発信しようと考えてしまいます。
でも、多くの人に発信しようとすれば、誰の心にも刺さらない無難な内容になりがちです。
本来は、課題をもつ人を想像し、その人に刺さる言い方で発信する必要があるのではないでしょうか。

自分のポジション(能力、年齢、資金、知名度)によって、取るべき戦略は異なる

コロナ流行に伴い、都道府県から不要不急でない業種に休業要請が出されました。

飲食業界は特に苦しんでいる業種の一つです。

そんな時にあなたは、『よっしゃー、UberEatsみたいなビジネスを立ち上げて、飲食業界を助けちゃる!!』と思うかもしれません。

でも、多分無理です。(笑)

なぜなら、UberEatsのビジネスを成り立たせるためには、多くの人が関わっています。
ルールを作る人、お金を管理する人、注文サイトを開発する人、商品を配達する人など様々な人がいます。
たくさんの人が関わるビジネスは、多くの資金や労働力が必要です。
そのため、良いアイデアがあっても、資金力や人脈がない状態では、事業化するのは難しいです。

ビジネスにはその時のポジションでとるべき戦略があり、順序があります。

私がブログのコンサルを受けている講師の方のつながりで見つけた【ぶっちゃけ、今稼げる副業5選】の動画に出てくる、稼ぎ方のロードマップの話がすごく参考になります。(9分40秒から)

レベルは私が勝手につけたのですが、個人はロードマップに従い、少しずつ稼ぎ方を変えていくべきという話は、全くそのとおりだと思いました。

ゲーム初心者がいきなりハードモードでプレイしてはいけません。

◆個人が稼ぐ時のロードマップ

レベル1 自分の労働力と時間しかリソースが無い(学生)

レベル2 自分の労働力と時間を他人の事業に投資してお金をもらう(会社員)

レベル3 お金ができたら、労働力と時間とお金を自分に投資してさらに稼ぐ(会社員+副業)

レベル4 さらにお金ができたら、自分の会社を設立し、自分の会社に投資してお金を稼ぐ(起業家)

レベル4になると、お金を投資するだけで稼ぐ仕組みができるので、自分の労働力と時間がいらなくなる

知名度や魅力がない状態で、日常を発信しても価値が低い

マナブさんの動画によると、VLog(Blogの動画版)という、自分の日常を撮影することが流行っているそうです。

有名人や美しい女性の日常を写したルーティン動画が流行っています。

マナブさんが言うには、VLogの本質は『覗き見市場』だということです。
『覗き見市場』という市場に美しい女性の『モーニングルーティン動画』という名前の商品を対応させた、という話がとてもしっくり来ました。

本田翼のYoutubeチャンネル『ほんだのばいく』もまさにそうですね。

VLogが流行ると一般人も真似しようとするのですが、あれは有名人や美しい女性だから覗きたいのであり、知名度や魅力がない一般人は価値を提供することが難しいとのことです。

また、中学生なら中学生の立場での発信の仕方があるというのはとても参考になりました。

ポジショニングはビジネスだけでなく、就職、恋愛、人間関係など競争のある状況で使えると思います。

ちなみに私自身の自分のポジショニングについて考えてみたのですが、
私は、年齢よりかなり若く見える(初対面の人には驚かれる)、中性的な顔だという特徴があるので、男性向けの美容分野のコンテンツ配信などもできるかも、と妄想してしまいました。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はマナブさんの動画で学んだことや、自分自身の気づきについて記事にまとめてみました。

私自身はとても参考になりましたし、全てを記事にできなかったので、また別の記事で書いていこうと思います。

自分の優位なポジショニングを考えて、一緒に稼いでいきましょう。稼がないなら自分が先に稼いじゃいますよー(笑)

アウトプットして修正してPDCAを回しまくりましょう。ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です